任せて安心! 快適ライフのお手伝い!

次世代のハイブリッドフロアコーティング

セラミックガラスフロアコーティング

30年保証

〇(一社)日本塗料工業会
F☆☆☆☆【登録番号:M16003】
〇(一社)抗菌製品技術協議会
SIAA登録番号:【JP0122367A0001X】
SIAA登録番号:【JP0112367A0001W】

グリーンコート任せて安心の9つの自信はこちら

コーティング剤の安全性・性能評価など第三者機関にて登録・評価試験実証済の確かなフロアコーティング専門店です。

セラミックガラスフロアコーティング
キャンペーン受付中

毎月 先着25件様 限定キャンペーン特価!
毎月 先着25件様 限定キャンペーン特価!

次世代のセラミックガラスフロアコーティングを
アニメーション動画でご紹介!

アニメーション動画サムネイル

フロアコーティング各種比較表

コーティング性能評価・
施工品質保証期間 比較表

セラミックガラス シリコンタイプ ガラスタイプ UVタイプ 水性ウレタン ワックス
光沢(艶)感 選択可能 高光沢 or 微光沢 高光沢のみ 微光沢のみ 超高光沢のみ 微光沢のみ 微光沢のみ
耐久性 30年前後 20年前後 20年前後 20年前後 5年前後 1年前後
耐水性 ×
耐傷性 × ×
耐薬品性 × ×
防滑性 × ×
施工品質保証期間 30年保証 20年保証 20年保証 20年保証 3年保証 なし
仕上り光沢(艶)感 比較,耐摩耗性(傷予防) 比較,防滑性(滑りにくさ) 比較 仕上り光沢(艶)感 比較,耐摩耗性(傷予防) 比較,防滑性(滑りにくさ) 比較

セラミックガラス
フロアコーティングの特徴

30年保証

シリコンタイプの長所(耐水性・耐薬品性・防滑性・光沢性など)とガラスタイプの長所(耐摩耗性・耐傷性・微光沢性など)の、両方の長所や特性を融合させた次世代のハイブリッドフロアコーティングです。
フローリング材の表面へ、強靭で強固なセラミックガラスコーティング層を形成し、日常生活でダメージを受けやすいフローリング材を、長期間にわたりしっかりガードします。
1度のコーティングで、定期的な
ワックス掛けも必要ありません。
また、従来のフロアコーティング
では実現出来なかった、フロアコ
ーティング施工後の光沢(艶)感も、
お客様のお好みに合わせて微光沢・
中光沢・高光沢とお選び頂く事が可能です。

セラミックガラスフロアコーティングの
安全性・高性能評価は、
第三者機関にて評価試験確認・登録済!

F☆☆☆☆とは

改正建築基準法の施行により、建材のホルムアルデヒド放散の等級表示がされることとなりました。「F☆☆☆☆」マークの「F」はホルムアルデヒド、「☆」の数が多いほどより放散が少ないことを意味しており、その中で最も少ないものが「F☆☆☆☆」です。建材(塗料も含む)はホルムアルデヒドの放散量により、下記のようにFスターで分類されています。

F☆☆☆☆ 使用面積制限なし
F☆☆☆ 使用面積制限有り
F☆☆ 使用面積制限有り
(F☆☆☆より使用面積は少なくなる)
マーク表示なし 使用禁止
F☆☆☆☆の重要性
新築住宅に入居した人や住宅を改修した後などに、体調不良を訴える人が増加し、この健康影響で新築の家や改修した家に住めなくなるなど大きな社会問題が生じています。
これらの体調不良の症状が多様で、そのメカニズムも十分に解明されていない部分が多く、また、様々な要因が考えられる事などから総称して「シックハウス症候群」と呼ばれています。
現在、シックハウスの原因となる化学物質に対して厚生労働省では、人が健康に住めるための目安となる揮発性有機化学物質(VOC13物質)の室内濃度指針値のガイドラインを定め公表しています。
そのうち塗料・塗装に関係する化学物質としては、現時点では建築基準法の対象としてホルムアルデヒドのみが規制されています。
その為、健康な住空間つくりには、安全性能の高いコーティング剤選びがとても重要となってきます。
ホルムアルデヒド自主管理商品登録証明書
  • セラミックガラス(微光沢)
    F☆☆☆☆取得証明書

    ホルムアルデヒド自主管理商品登録証明書
  • セラミックガラス(光沢)
    F☆☆☆☆取得証明書

    ホルムアルデヒド自主管理商品登録証明書
  • シリコンコーティング
    F☆☆☆☆取得証明書

    ホルムアルデヒド自主管理商品登録証明書
  • ガラスコーティング
    F☆☆☆☆取得証明書

    ホルムアルデヒド自主管理商品登録証明書
  • コーティング下地材
    F☆☆☆☆取得証明書

    ホルムアルデヒド自主管理商品登録証明書

【F☆☆☆☆登録・取得 第三者機関名】 一般社団法人 日本塗料工業会

※ホルムアルデヒド放散量測定試験で、基準値以下の数値の試験評価書だけではF☆☆☆☆を取得した事とはなりません。

人や環境に優しいコーティング剤で、
住まいをしっかり守る
トップクラスの高性能!

セラミックガラスコーティング
塗膜性能評価試験

評価試験実施機関:
一般財団法人 日本塗料検査工業会
フロアコーティングで最多の30項目の
JIS規格試験をクリア!
試験項目 試験結果表 試験方法 試験評価結果
塗膜の硬さJIS K 5600-5-4:1999 塗料一般試験方法-第5部 第6節:付着性(クロスカット法)に準ずるJIS規格 最高硬度の6H以上
耐傷性能ASTM D 4752-03 Standard Test Method for Measuring MEK Resistance of Ethyl Silicate (Inorganic) Zinc-Rich Primera by Solvent Rub に準ずる◎ (傷なし)
耐摩耗性能JIS K 5665:2016 路面標示用塗料 8.17 耐摩耗性 a)1種及び2種の場合に準ずる◎ (14mg)
付着性試験JIS K 5600-5-6:1999 塗料一般試験方法-第5部 第6節:付着性(クロスカット法)に準ずる◎(100/100)
耐衝撃性能JIS K 5600-5-3:1999 塗料一般試験方法-第5部 塗膜の機械的性質-第3節 耐おもり落下性 6.デュポン式に準ずる◎(異常なし)
耐屈曲性能JIS K 5600-5-3:1999 塗料一般試験方法-第5部 塗膜の機械的性質第1節 耐屈曲性(円筒形マンドレル法)6.2.1タイプ1の試験装置による◎(異常なし)
耐水性能JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験法-第6部塗膜の科学的-第一部 耐液体性(一般的方法)に準ずる◎(異常なし)
耐湿性能条件:50℃±1℃、95±5%RH×240時間 高湿の環境下に放置し、付着性・腐食性・耐ふくれ性を試験◎(異常なし)
耐アルカリ性性能JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験方法-第6部 塗膜の科学的性質-第1節:耐液体性(一般的方法)9方法3(点滴法)に準ずる◎(異常なし)
耐酸性性能JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験方法-第6部 塗膜の科学的性質-第1節:耐液体性(一般的方法)9方法3(点滴法)に準ずる◎(異常なし)
耐塩水性能JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験方法-第6部 塗膜の科学的性質-第1節:耐液体性(一般的方法)9方法3(点滴法)に準ずる◎(異常なし)
耐溶剤性能JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験方法-第6部 塗膜の科学的性質-第1節:耐液体性(一般的方法)9方法3(点滴法)に準ずる◎(異常なし)
耐溶剤性能②JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験方法-第6部 塗膜の科学的性質-第1節:耐液体性(一般的方法)9方法3(点滴法)に準ずる◎(異常なし)
耐溶剤性能③JIS K 5600-6-1:2016 塗料一般試験方法-第6部 塗膜の科学的性質-第1節:耐液体性(一般的方法)9方法3(点滴法)に準ずる◎(異常なし)
耐汚染性能JIS K 5400:1900 塗料一般試験方法8.10 耐汚染性に準ずる◎(異常なし)
耐熱性能①JIS K 5600-6-3:2016 塗料一般試験方法-第6部塗膜の化学的性質-第3部 耐加熱性に準ずる◎(異常なし)
耐熱性能②JIS K 5600-6-3:2016 塗料一般試験方法-第6部塗膜の化学的性質-第3部 耐加熱性に準ずる◎(異常なし)
耐寒性能条件:-18℃×72時間一定の時間と温度で冷却しても変化が無いかを試験◎(異常なし)
冷熱繰返性能条件:80℃×200時間⇔-18℃×2時間 10サイクル一定の時間と温度で加熱・冷却しても変化が無いかを試験◎(異常なし)
発熱性能ISO5660 Part1 に準ずる◎(異常なし)
耐ラビング性能①ASTM D 4752-03 Standard Test Method for Measuring MEK Resistance of Ethyl Silicate(Inorganic)Zinc-Rich Primers by Solvent Rubに準ずる◎(異常なし)
耐ラビング性能②ASTM D 4752-03 Standard Test Method for Measuring MEK Resistance of Ethyl Silicate(Inorganic)Zinc-Rich Primers by Solvent Rubに準ずる◎(異常なし)
耐ラビング性能③ASTM D 4752-03 Standard Test Method for Measuring MEK Resistance of Ethyl Silicate(Inorganic)Zinc-Rich Primers by Solvent Rubに準ずる◎(異常なし)
促進耐候性能①JIS K 5600-7-7:2008 塗料一般試験法-第7部塗膜の長期耐久性-第7節:促進耐候性及び促進耐光性(キセノンランプ法)に準ずる(塗膜の外観)異常なし
促進耐候性能②JIS K 5600-4-7:1999 塗料一般試験法-第4部 塗膜の視覚特性-第7節:鏡面光沢度に準じる(塗膜の光沢保持率)異常なし
促進耐候性能③JIS K 5600-4-7:1999 塗料一般試験法-第4部 塗膜の視覚特性-第7節:鏡面光沢度に準じる(塗膜の色差)異常なし
表面抵抗性能JIS K 6911:1995 熱硬化性プラスチック一般試験方法 5.13 低効率に準ずる4.3×105(mΩ)
滑り抵抗性能①・滑り片(ゴムシート)JIS A 1454:2016高分子系張り床材試験方法17 滑り性試験に準ずる乾燥状態)0.80
(水散布状態)0.72
滑り抵抗性能②・滑り片(靴下)JIS A 1454:2016高分子系張り床材試験方法17 滑り性試験に準ずる(乾燥状態)0.24
滑り抵抗性能③・滑り片(スリッパ)JIS A 1454:2016高分子系張り床材試験方法17 滑り性試験に準ずる(乾燥状態)0.77

※各試験結果表をクリックするとPDFでデータの閲覧が可能です。ただし、ダウンロードや印刷は出来ません。
※本資料の数値やグラフは、第三者機関にての試験結果であり保証値ではありません。 > 詳しくはこちら

防汚性能・耐汚染性能テスト

高い防汚性能で、頑固な汚れも簡単お手入れ!

油性マジックでコーティング層へ書いて、約30分後に雑巾へマニキュアを落とす除光液を付けて拭きとりました。頑固な汚れも、長期間しっかりガード致します。

耐水性能・耐湿性能テスト

高い耐水性能で、水分からしっかりガード!

フローリング材は、水分に弱いのが弱点ですが、コーティング層がしっかり水分をはじきますので長期間ダメージを軽減致します。

セラミックガラス
フロアコーティングは、
高い性能性に、さらに高い機能性を
プラスする事が可能です!

セラミックガラスコーティングへ
抗菌機能をプラス
siaa

無機イオン交換体に、銀イオンを担持させた無機系抗菌剤であり、広い範囲の細菌やウイルスに抗菌効果を発揮します。均一微粒子で吸湿性がほとんどなく耐熱性に優れるため、セラミックガラスコーティング剤への分散可能です。
また、安全性は非常に高く米国FDA(食品医薬品局)で認可されているほか、一般財団法人 抗菌製品技術協議会にて抗菌性・防カビ性の性能効果が認められ国際規格を満たした抗菌加工製品・抗菌剤だけが認証される、SIAA抗菌マークを取得した確かな抗菌機能性を発揮致します。
【抗菌加工製品登録番号】 JP0112367A0001W
【抗菌加工製品登録番号】 JP0122367A0001X

SIAAマークとは

SIAAマークとは、適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とした、一般社団法人 抗菌製品技術協議会が制定し国際的に使用されている安心のシンボルマークです。
抗菌性は、国際標準ISO22196に準じて行われた試験評価の結果に基づいて判定され、厳しい安全性基準をクリアした、抗菌加工製品に重要な確かな品質で安全な抗菌・防カビ加工製品に適合した製品のみSIAAマークの表示が認められています。

抗菌性評価試験

大腸菌【耐水処理試験】
黄色ぶどう球菌【耐水処理試験】

【抗菌性能評価試験機関】
(一財)ボーケン品質評価機構
【試験概要】
JIS Z 2801抗菌加工製品 抗菌性試験方法・抗菌効果5項 試験法
【試験評価結果】
大腸菌(抗菌活性値) 4.6
黄色ぶどう球菌(抗菌活性値) 4.2

セラミックガラスコーティングへ
アレル物質抑制機能をプラス

完全無機系微粒子の抗アレルゲン剤粉末を、セラミックガラスコーティング剤へ分散させる事により、セラミックガラスコーティング層へ付着した、ダニや花粉などを発生源とするアレル物質の活性を低減させる効果を付与する完全無機系微粒子の抗アレルゲン剤粉末です。
近年、住宅建材メーカー各社も、アレル物質対策に乗り出し、抗アレル物質抑制性能を発揮する床材等の建材も数多く出てきております。
現状のコーティング剤だとコーティングすると建材メーカーの抗アレル物質対策機能は損なわれてしまいますが、そういった建材へも抗アレル物質対策機能を兼ねそなえたコーティング施工可能となります。

アレル物質やアレルコートとは

日本国民の約二人に一人が、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギーなどのアレルギー疾患に罹患していると言われており、その患者数は近年増加傾向にあります。
お住いの住空間にもアレルギー疾患の原因となる、アレル物質(ダニの糞・死骸、花粉、ペットの毛・フケなど)が存在し浮遊しています。
それらの住空間のアレル物質が、体内へ侵入してきた際や触れた際に、アレルギー疾患として現れてしまいます。

アレル物質やアレルコートとは

  • pdf
  • pdf
  • pdf
  • pdf

【試験機関】
ITEA(株)東京環境アレルギー研究所
【試験方法】
各アレル物質の抽出液をアレルバスター配合塗装を施した床材表面に滴下し、経時的に抽出液中に含まれるアレル物質量をELISA法で測定。
【試験評価結果】
スギ花粉由来(アレルゲン抑制率90%以上)
ダニの死がい由来物質(アレルゲン抑制率90%以上)
本資料の数値やグラフは、第三者機関にての試験結果であり保証値ではありません。

セラミックガラスフロアコーティング
施工参考例

微光沢仕上がり施工例

高光沢仕上がり施工例

フロアコーティング施工品質保証

フロアコーティング
施工品質保証書
施工後も安心の長期保証書を
発行しております!

【30年施工品質保証】
  • ● セラミックガラスフロアコーティング(微光沢)
  • ● セラミックガラスフロアコーティング(高光沢)
  • ● セラミックガラスフロアコーティング(抗菌)
  • ● セラミックガラスフロアコーティング(アレルコート)
【20年施工品質保証】
  • ● シリコンフロアコーティング
  • ● ガラスフロアコーティング
  • ● UVフロアコーティング
無料保証対象規定
  • 施工時に埃やゴミの混入が有った場合
  • 施工時の塗りムラ・カスレ・塗り残しがある場合
  • 施工時に発生したと思われる汚れなどが有った場合
  • 施工時に起因して問題が生じた場合
  • 水拭きなどの日常清掃による剥がれが生じた場合
  • 床材との相性が合わず密着不良が生じた場合

※弊社では、施工後のアフターサービスに関しまして、お電話で状況をご確認させて頂き、ご訪問にて現調確認作業もさせて頂いておりますのでご安心下さい。

無料保証対象外規定
  • リフォームや定期点検等による張替え等
  • 使用上の誤りや故意による破損や損傷など
  • 落下や突起物・荷物の引き摺りによる損傷など
  • 当社以外での補修などが行われた場合
  • 使用状況の著しい誤りによる破損や損傷 (椅子の使用による引き摺り傷など)
  • 天災や災害等による破損や損傷によるもの (日焼けや結露による損傷を含む)
  • ボンドやテープ類等の粘着物が付着し損傷したもの (耐震マット・傷防止マット・滑り止めシートを含む)

※上記以外の規定に関しては、社内規定に準ずる

フロアコーティング施工後の
お手入れ方法・ご注意事項

フロアコーティング施工後のお手入れ方法

フロアコーティングを施工した床面は、洗剤成分を含まないドライペーパーやモップなどで表面の埃や汚れを取り除いて頂き、固く絞った雑巾などで水拭き・乾拭きして頂くだけで簡単に長期間、衛生的に保つ事が出来ます。水拭き・乾拭きだけでは取除けない、頑固な汚れやべたつく汚れに関しては、中性洗剤を約10倍位に薄めたもので洗剤拭き・水拭き・乾拭きの順でお手入れして下さい。(洗剤使用後は、水拭き・乾拭きで洗剤成分を取り除いて下さい)また、粘着性のある掃除道具等の使用は避けて頂き、掃除機を使用する際は掃除機本体を持ち上げて頂き掃除機の吸い込み口を軽く床面にあてて使用して下さい。

※時代と共に、お掃除道具や電化製品も様々な商品が発売されております。
この洗剤使用してもいいのかな?など、お悩みの場合はお気軽にお問合せ下さい。

フロアコーティング施工に関するご注意事項
  • 既についている傷や汚れは、完全にきれいには補修・除去できません。
  • 施工引渡し後にご連絡頂きました傷や汚れに関しましては、当社では対応出来かねる場合がございます。
  • 施工後、お荷物搬入業者様や電化製品設置業者様へ、お荷物は引き摺らないように持ち上げて搬入して頂き、作業箇所へは毛布などで養生をしていただくようお伝えをお願い致します。
  • お荷物搬入業者様や住まいの定期点検にて、補修作業等が発生した場合は必ず当社までご連絡下さい。
  • 施工後、48時間以内は、カーペット・マットなどの施工箇所を密封するものは置かないように注意して下さい。
  • カーペットやラグ・マット(敷物)など、床面に色移りする場合がございますので一度、使用される敷物をクリーニングしてからご使用ください。(敷物の滑り止め対策の粘着製品のご使用もお控え下さい)
  • スリッパをご使用される場合は、裏面がフェルト系の柔らかい素材を使用している物をご使用ください。
  • 施工後、補修作業等を行う場合は、床材のピース単位にての補修作業にてご対応させて頂きます。(補修作業箇所と補修作業対象外箇所と光沢(艶)の差が生じる場合がございます)

※施工前・施工後に、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

03-5946-2906

メールでの無料見積り無料サンプル請求はこちら

セラミックガラス
フロアコーティング価格表

セラミックガラスフロアコーティング【微光沢タイプ】【高光沢タイプ】価格表
リビングダイニング(16帖or26㎡以内) ¥240,000 キッチン(3帖or5㎡以内) ¥45,000
廊下×1本(4帖or7㎡以内) ¥60,000 洋室×1室(8帖or13㎡以内) ¥120,000
階段×1本(15段以内) ¥43,000 脱衣所×1箇所(3帖or5㎡以内) ¥45,000
トイレ×1箇所(1帖or2㎡以内) ¥30,000 オーバー追加分(1帖or1.65㎡以内) ¥15,000
事前清掃・養生費(1帖or1.65㎡以内) ¥600 剥離作業費(1帖or1.65㎡以内) ¥1,300
セラミックガラスフロアコーティング【抗菌タイプ】【アレルコートタイプ】価格表
リビングダイニング(16帖or26㎡以内) ¥312,000 キッチン(3帖or5㎡以内) ¥58,500
廊下×1本(4帖or7㎡以内) ¥78,000 洋室×1室(8帖or13㎡以内) ¥156,000
階段×1本(15段以内) ¥55,900 脱衣所×1箇所(3帖or5㎡以内) ¥58,500
トイレ×1箇所(1帖or2㎡以内) ¥39,000 トイレ×1箇所(1帖or2㎡以内) ¥19,500
事前清掃・養生費(1帖or1.65㎡以内) ¥600 剥離作業費(1帖or1.65㎡以内) ¥1,300

※表示価格に、消費税は含まれておりません。

ページの先頭へ